ホバーバブル


“ホバーバブル “は、作って観察するのが楽しいです。

密度は、オブジェクトが浮いたり沈んだりする原因となるものであり、純粋なCO2は空気よりも密度が高いので、それだけでタンクの底にあります。
吐く息の成分は 78%の窒素、16%の酸素、1%の不活性ガス(アルゴンなど)、4%のCO2と水蒸気で飽和しています。このガスの組み合わせは、タンクの中で起こっていることよりも密度が低いです。だからこそ、浮いているのです。
落ちてくる泡は、目に見えない液体のタンクの中で浮遊しているように見えます。

この実験は、容器の底にあるドライアイスでも動作します。それにいくつかの時間を与えると、CO2ガスが容器を満たし、同じ効果が発生します。

天文学者の推測:木星(ガス惑星)に生命がある場合、それは(泡のように)より密な大気を持つ環境に浮かぶ “フローター “の形であるかもしれない

ジェイクウィザードIV


Faraday Japan Manager / Dynacity Corporation CEO