透明なガラス


待って!そもそもどうして透明なものが見えるの?答えは 屈折だ!

光が空気と透明なものの間を通ると、少し曲がります。でも、光が同じだけ曲がる2つの物体の間を光が通過すると、光は単純に2つの物体を通過してしまいます

屈折率とは、科学者が光の通り道がどれだけ曲がっているかを判断するのに使う数字で、材料に入った時に、光の通り道がどれだけ曲がっているか、または、屈折しているかを表しています。

ベジタブルオイルとホウケイ酸ガラス(パイレックスや他の実験用ガラス)は同じ屈折率を持っています、、、だから水没したガラスはほとんど見えません!

“水没しても、ガラスの輪郭が少し見えることに気付きましたか?”
ジェイク、ウィザードIV


Faraday Japan Manager / Dynacity Corporation CEO